Type your search keyword, and press enter

Ucoca Blog

先日富士でLIVEをした時に知り合った林業家の男子から電話があった。

「昨日、仕事中に木に挟まれて死にそうになって、多分今あばらにヒビが入ってるんですけど…
それでウコカさんの曲が聴きたくなって、今日聴いていたら胸が熱くなって電話しました。今度飲みましょう!」だって。

興奮気味に話す彼は、死に直面して生きる喜びに目覚めたらしい。
益々山が好きになったと話しておられました。

そんな時に僕の音楽を聴いてくれてありがとう!
こっちまで嬉しくなりました。

また一人、変態の友達が出来た。笑

Ucoca Blog

先日、ソルメイトと題された
静岡県は富士宮ナチュラルアクションで開催された宴は
天気にも恵まれ、屋外での開催、
最高の夜となりました。

大自然に囲まれ、
何処までも無限に広がる夜空の下、

僕等がいた会場の和やかな灯りのその奥にそっと目線をやると
月明かりに照らされて
山々と空の境界線が薄っすらと浮かび上がっていた。

この日は、主催の源さんのお店、
SURF EYEの34周年でもあり、
会場には何処か祝福ムードに包まれた感もありました。

34周年

34周年てっ⁉️

て事はえーっと…

俺が1歳の時に…

只々頭が下がります。

30年後の僕も、波乗りを続けていたいと思いました。

僕のLIVEには急遽オミゴトさんも駆け付けて来てくれて、
パーカッションでサポートしてくれました。

オミさんは、
本番前に緊張している僕を見ると
いつもあの手この手で緊張の糸を解いてくれます。
この日は何度もハグをしてくれました。笑

オミさんいつもありがとう。

僕等はトップバッターという事もあり、
久々の再会、kgmとシュンシュン、
それからレヨナ姉さんとかっちゃんのLIVEも堪能出来て、最高でした。

この頃の季節の夜野外は本当に気持ちがいい。

最終的には楽しすぎて少し酔い過ぎたけど、
次の日はバッチリ起きてナチュラルアクションツアーに同行させて頂き、
富士川でラフティング、

富士山から湧き出て来る冷水を
頭から浴びてお清めされて来ました。

今回繋げてくれた、小越さん、ナオさん、フミさん、
スタッフの皆さん、お客さん、みんなに感謝です。

久々のLIVE

夏ってなんだっけ?

前のめりでやって来た秋のせいもあってか
僕の今年の夏は悶々としたまま呆気なく過ぎて行った。。

とは言わせない。

いやいや俺の夏はこれからでござんすよ。

今日は久々のLIVE。

特に言ってないけどこの夏はLIVEもお休みしておりました。

なので9/5に富士で決まったLIVEに向け
ウォーミングアップも兼ね
音楽仲間の宙君に紹介して頂き
この日は急遽近所のお店でLIVEをさせて頂きました。

宿川原ポトス

自宅から電車で一個隣の駅。

お店に少し早めに到着。

二年前に今の家に引っ越してきた僕は
このお店も他の出演者の方々も
初めましての方ばかり。

軽く挨拶を交わしたが
まるで転校生になった気分。

LIVEが久々のせいもあってかやっぱりそわそわする。

誰かのギターの音が聞こえる。

いてもたっても居られなくなったので散策がてら
散歩に出かけた。

店を出て5分ほどの場所に銭湯を発見!

こんな家の近所に銭湯があった事に嬉しくなり
湿度が高いせいでべとつく汗を流すべく風呂をかぶる事にした。

たっぷりと湯の溜まった湯船に肩までつかりリフレッシュ。

さっきまでの緊張が解れて行くのが分かった。

やっぱり風呂が好きだ。

そして音楽はこのリラックスが大事だったりもする。

血液の循環も良くなり、
あまりのんびりもしてられないと会場に戻りリハ。

が、さすがに久々の公開リハ。

中々ギターを弾く手が安定しない。

これはヤバいぞ。大丈夫かな?

焦る気持ちを一つ一つ解きながら
楽屋に戻り、置いてあったエレキを弾きまくり感覚を取り戻す。

時間の流れは誰にも止められない。

刻一刻と本番が近づいてくるのだがこの時間が毎回妙に長く感じる。

そうこうしているうちに、この日とりを務める宙君が到着。

こうして演者としての再会を祝うべくビールとウイスキーで乾杯。

ありがとう宙君。

いよいよ本番がやって来た。

なんとかギターも歌も
安定して演奏が出来た。

久々にやるからいつもの倍以上不安もあったけどなんとかリラックスしてやりきった。
手応えも感じた。

よかった。
失って無かった。

演奏が終わり、
他の出演者の演奏。

みんなスキルが高く、感心させられるばかり。

最後まで楽しませて頂きました。

宿河原ポトス、来てくれた皆様、どうも ありがとうございました。
また宜しくです。

次は9/5富士ナチュラルアクション。

このままあげてくぜ。